Copy

ライントレーダーズ通信

(FX/株価指数相場情報&テクニック&心構え)

相場分析を配信します。 FX/CFD(株価指数・先物など)についての市況を フィボナッチとギャンを使って分析します。 3STARTERSインフォ。08/29/2019 号
ライントレーダーズ通信

金相場上昇のクライマックスとなるか!?

By info.3starters.biz on Aug 29, 2019 06:23 pm

金相場目標到達。

市場のリスクに敏感に反応するのが金。
逆を言えば、金が上昇中はリスクが高いという事。

その金が目標値へ到達しました。

今後の動向を考えてみましょう。

金のチャート

金月足 2019/08/29
金月足 2019/08/29
”なお、この市場の大目標は1500台にあります。”
と前回の記事で書いたように、金の目標値はここにありました。

正確には1547.63の事を言っています。
チャートで黄色の矢印を入れた部分です。

そのため、小幅ながら下落を始めており
次の問題は0.764にあたる1526.89(チャート矢印赤)と、
目標値1547.63を月足で下回るのか上回るのかだと考えられます。

ただ、別の見方も出来ます。

金月足 2019/08/29
金月足その2 2019/08/29
 1547.63は同じですが、0.764の位置を1714.42そして
0.618の位置を1586.74だと捉える事も可能です。
それがこの、金月足その2のチャートです。

その場合、1586.74へ到達してから下落すると考える事になりますので
上昇はまだ続くという判断になるでしょう。

しかしながら大きな枠組みとして
1999年の最安値から2011年の最高値までの0.764が1526.89なので
この値位置への到達と
もしも下回ったら絶好の売り場となる事を考えると
どちらにしてもクライマックスは近いと考えられます。

最高値1920.80を越えるとも考えにくく
越えないとすれば、1526.89~最大1714.42の値位置が
今後最高の売り場となるのではないでしょうか。

とすれば、金の買いが継続しにくくなるはずです。

そして、この金相場の上昇が終わる時
株価指数や為替にも大きな影響が及ぼされるでしょう。

例えばドル円の70円台からの上昇は
金相場の最高値2011年9月1920.80→2015年11月1052.59への下落と
ほぼリンクしており、
ドル円は安値2011年10月75.556→2015年6月125.847へと上昇しました。

その金相場が上昇出来ない状況となれば
ドル円も少し安心出来る状況になるため、
本日は多少買い戻されています。

このドル円は105.867と102.026が支えの値位置なので
このラインを特に月足週足の終値で下回らないかどうかを
よく見ておく必要があるでしょう。
※他、さらに長期で106.443,108.036、短期で106.267

ただし、ドル円だけに言える事ではありません。
為替全般、ユーロドルやクロス円など
そして、株価指数などにも影響を与えるのが金です。

今後も注視して行きましょう。

ドルインデックスの具合も似ているが…

ドルインデックス月足 2019/08/29
ドルインデックス月足 2019/08/29
もう一つ気掛かりなのが
ドルインデックスです。

金の状況と似た状況になっています。
ドルインデックスが上昇すれば
円安ドル高になり、ドル円は上昇します。

そして、ユーロドルは下落する事になります。
そのドルインデックスも高値間近という状況。

丁度金相場の最初のチャートに載せた→と同じ意味を持つ値位置を
同じ色の矢印で載せておきました。

金で言う目標値(オレンジ色の矢印)にはまだ到達していません。
100.429にそれはあります。

0.764の値位置は95.984で現在2019年8月29日18時のレートは98.203です。
95.984はもう今月は割れないでしょう。
つまり月の終値は残るはず。

では、100へ到達するのか?到達した後の反応は?
そして、2013年高値103.810を最終的にブレイクするのかどうか。

この辺りがドルインデックスの焦点となります。

直接的な意味で為替に多大な影響を及ぼすドルインデックス。
その動向と、市場全体のリスクを反映する金の動向。
この二つを抑えて、9月も頑張っていきましょう!


それではまた。

P.S.
これらのライントレード手法を学ぶには下記をご参考にして下さい。
この記事を配信しているライントレーダーズ通信や、
基礎からトレードを学べる一か月間のメール講座もあります。

提供 by3STARTER.JP


基礎から学ぶならサイト「投資の基礎はタダで学べ」で。

ご注意事項

※相場の上げ下げをフィボナッチとギャンを使ったライン分析で配信しますが、
必ずご自身で分析の上、自己責任で行って下さい。

この記事のページへ »

最近の記事:

各市場で重要な値位置(2019年8月)
月間展望がリニューアル!どうなる6月?
ドル円・日経平均GWのまとめと今後の対策
渋るであろう値位置について
Like 金相場上昇のクライマックスとなるか!? on Facebookshare on TwitterGoogle Plus One Button
お問い合わせ
3STARTER.JP
勝ち方実戦編を観る
Copyright © 2019 3starter.jp, All rights reserved.
同時に配信しているマインドセット講座は一回閲覧しなければ自動的に配信停止します。 このメールはスリースタータードットジェーピーのNEWSLETTERにご登録されている方へお送りするお知らせメールです。プレゼント、コラム、相場情報、新着情報をお送りします。

現在のキャンペーンはこちら
ウィンターセール2019/12/2 ~2020/1/3 クーポン使用可 さらに全商品10%オフ‼
☆入会ポイント+ご購入金額の5%ポイント進呈中☆

段階・目的別投資教材の選び方
FACEBOOK TWITTER YOUTUBE 著書について


投資は余剰資金の範囲内で、責任の取れる金額で行いましょう。
配信された情報を基に売買されたとしても、投資成績への責任は負いかねます。